MENU

 高校の頃から付き合っていた彼女がいたんだけど、なかなか性格の堅い女で、肉体関係は卒業してからでなければダメだと言われていたんです。
交際自体はとっても順調だとし、無事に高校を卒業することもできたのでいよいよ彼女の肉体で初体験を済ますことができると、極度な期待が高まっていきました。
しかしまさかあんな展開になるなんて、思ってもいませんでした。
高校を卒業して一人暮らしを始めることができて、早速彼女を連れ込んで初めての一発を決めてやろうと思ったんです。
そりゃもう極度に期待しちゃってて、チンコなんか早い段階でビンビン状態でした。
オッパイとか触った経験とかあったけど、オマンコに突っ込むなんて初めてだったから、激しい興奮に見舞われてしまっていたんです。
しかし、これで初体験を済ませることができると思っていたのに、なんと拒否されてしまったのです。
その理由が、俺のチンコは包茎だったからなんです。
彼女に見せた途端に、いきなり拒否をされてしまいました。
さらに彼女は帰ってしまって、その後全く連絡が取れない状態となって、この関係が終わってしまったのです。
たったこれだけの事で破局してしまうなんて、信じられない気持ちでいっぱいでしたま
失恋したショックも大きかったけど、彼女に対して怒りも気持ちもとっても強く持っていました。
こうなったら絶対に、包茎フェチの女を見つけてやるって気持ちになったんです。
新しい理解のある彼女欲しいという考えは持っていたものの、簡単に出合えるほどイケメンではありません。
一般的過ぎるフツメンだから、出会いを探すのが困難でした。
彼女できない状態が続いてしまうと、より彼女が欲しいという気持ちが強力なものになってしまいます。

そんな頃ブサメンの友人が、恋人を作ってセックスを楽しんだと話出してきました。
これも自分と同じ包茎なんだけど、包茎好きな女をみつける事ができて、パコパコ楽しむことができていると言うのです。
俺もそんな彼女の作り方をマスターして、何としてでも恋人になって初体験を済ませなければという気持ちになってしまったんです。
 初体験はしたいし、新しい女も欲しい、前の彼女に対しての復讐心もありました。
俺のチンコを理解してくれるような、素晴らしい彼女欲しい気持ちはとても強く持っていました。
ブサメンの友人がやったような方法を使って、俺も理解者を探してセックスをエンジョイしていこうという気持ちを持つようになってきました。
あいつに作れて俺に作れないはずはない、そんな気持ちになっていました。

 

 

名前:若狭 尚幸
性別:男性
年齢:18歳
プロフィール:
 初体験に失敗してしまった、こんな経験した奴って他にいるんでしょうか?
高校の頃から付き合っていた同い年の彼女がいたんだけど、かなり堅い女だったから卒業した後だったらという事で、やっと経験できる段階になったんです。
しかし、あろうことかその段階でいきなり拒否をされてしまったのでした。
それは裸になった時、包茎のチンコを彼女に見られてしまい、それが拒絶のきっかけとなってしまったのです。
さらにあれほど長く付き合っていたのに、別れることになってしまいました。