MENU

 高校生やっている時から付き合っていた同い年の彼女、結構堅物だったこともあって、気ままなセックスなんてやらせてくれなかったんです。
キスとかオッパイ触らせたりはしてくれたけど、絶対に挿入はNGでした。
「高校を卒業してからじゃないとダメ」
このようにきつく言われてしまっていたんです。
俺の初体験は、高校を卒業するまでは預けだったのです。
しかし、卒業してしまえば、彼女のオマンコの穴で初めての経験をすることができる。
激し過ぎる性処理を楽しむことができる、だからグッとこらえていました。
高校生の頃はオナニーに励み、そして無事に卒業を迎えることができたのです。
「卒業したんだからそろそろいいんじゃね?」
彼女に聞いてみたら、ニヤニヤ笑いながら頷いてくれたんです。
これで俺もやっと男になる日が来たなって感じがしました。
彼女のオマンコの穴で初体験を済ませ、さらにその先もセックス三昧の日々を送っていく、こんな無謀過ぎる計画を立ててしまっていたのです。
親も許可してくれたために、キャンパスの近くで一人暮らしをすることに成功。
早速彼女を連れ込んで、初めてのオマンコ経験をすることになっていきました。
濃厚ディープキスを始めて、オッパイをモミモミしたりして、裸にしていたんです。
そして俺も自分のビンビンのチンコを晒して行きました。

彼女も絶対に興奮して喜んでくれる、そう思っていたのですが。
俺のチンコをみたことに、表情が一変したのです。
そして、脱がした服を着始めてしまいました。
そして層からは強烈なまでに拒絶、どうやら包茎のチンコが嫌だったみたいなんです。
俺の方すっかりその気だったから、肩透かしにあってむちゃくちゃイライラしてしまいました。
包茎でもチンコはチンコ、絶対気持ちよくなるのにと思っていたのに、結局セックスをさせてもらうことができなかったのです。